MENU

【釣り堀】三重県はさま浦釣り堀センターで楽しむ一日!〜これから始まる大爆釣〜

 当サイトにはプロモーションが含まれています

レジャーとしても趣味としても、とても人気のある釣り。

今回は三重県の南伊勢にある釣り堀【はさま浦釣り堀センター】さんで釣りを楽しんできたので、釣り堀での1日をご紹介します。お子様連れのご家族でもグループでも1人でもカップルでも、気軽に楽しめますよ。

受け付けから筏までの移動

デッキ前が駐車場になっていますので、空いている所に車を停めて、さあ!釣りに行きましょう。駐車場の一角には、お手洗いもあります。

皆さん受付時間よりも大分前に車から降りて道具をおろして用意されていました。気合いが入っていますね!

受付時間前から、ずらっと列が出来ていました。並んで料金支払いを済ませます。

タモを借りる場合、活けあじ購入の場合は、受付時に一緒に料金支払いをします。

その後受付近辺で待っていたら、筏ごとに名前を大きな声で呼んでくれるので、自分が何番の筏で釣りをするのかわかります。

 

筏の番号がわかったら、道具一式を持って、自分の番号の筏を目指して移動開始です。移動したら、自分の好きな場所に着きます。

他の釣り堀では、筏ごとの場所決めは、くじ引きもしくはじゃんけんをして決めるかのどちらかなのですが、はさま浦釣り堀センターさんでは、それぞれが好きな場所でOKでした。初めての決め方でした。

持って行く物と設備

釣り竿・釣り針など一式・エサ・タモ(釣った魚をすくう網)・スカリ(釣った魚を生きたまま泳がせておくための網)飲み物や食べ物(自分用)

タモは有料で貸してもらえます。スカリは無料で貸してもらえます。

飲み物に関しては、筏の上にも自動販売機がありました。ポットも置いてある場所があるので、好きに利用できます。

お手洗いも筏の上にあります。場所によっては、駐車場の一角にあるお手洗いの方が近い場合もありますので、お好きな方で。

 

はさま浦釣り堀センターさんの設備は、他の釣り堀と比べると、とても綺麗で整っていると感じます。船で筏まで送ってもらうのではなく、陸続きなので大変便利です。車の中に釣り道具やエサを忘れた場合でも、すぐに取りにも行けます。陸続きとなっているので、利点が多い釣り堀だと思います。

エサ・活けあじ販売有り

好きなエサを持っていきましょう。

何のエサでよく釣れるのか、日によっても季節によってもまちまちなので、色々な種類のエサを持っていくようにしています。

活けあじの販売は有るので、受付時に購入する場合は一緒に頼んでおきましょう。アジを頼んだ場合は受付で料金を払った時に、プラカードを渡してくれるので、筏までアジを持ってきてくれた時に、プラカードと引き換えにアジを受け取るシステムになっていました。

シラサ

ウグイ

イエローささみ

カツオきも

いわし

イエローきびなご

ブルーきびなご

その他 活けあじ5匹購入 ごかい だんご(クイーン・イエロー・プレミアム・ミック等多種) AKBやカツオペースト等

あれば良かったエサ サンマ

いよいよ釣りスタートです

竿の準備が出来たら、6時から釣り出せます。

こちらの釣り堀、始まって少しするとスピーカーで、いい調子の歌がきこえてきます。多分毎日毎朝歌って居られるのだと思います。隣りにある釣り堀『あなたにあい鯛』に行っている時にも毎回よく聞こえてきていました!

『これから始まる大爆釣〜』きいていると、とても楽しい♪

大爆釣以外のその場で見たままの歌も、見て回って巡回している時には聞こえてきます。釣り以外にも元気な歌を聞くのも楽しめます♪

途中2回魚の放流があります。大将の息子さんがやって居られる隣りの釣り堀『あなたにあい鯛』の船がやってきて、1回目の放流は鯛など2回目の放流は青物の放流でした。

竿は1人2本まで出してもいいそうですが、他の方が青物がかかれば、自分の出している竿を上げないといけないので、大変です。また、同時に2本ともに魚がかかればとても忙しい。

釣れ出すと、続けてパタパタ釣れる時間が訪れるので、釣れ出す時間には、パッと急いでエサを付けてどんどん釣っていかないといけないので忙しい!

反対に、数時間全く釣れない魔の数時間が訪れる時もあります。

そんな時は、元気な歌はきこえてきません。

入っていた魚・釣れた魚

鯛はもちろんのこと(朝イチで釣れた一匹目の鯛です)

この一匹以降数時間全く釣れない魔の時間が訪れ、その後やっと鯛4匹釣れました。

鯛はだんごのクイーンとカイザーとホットイエローで釣れました。

基本鯛は何でも食べるので、虫で釣れる時やシラサで釣れる時、きびなごやいわしにかじりついたりもしますよ。

ミニトマトで釣れたこともあります。

シマアジなども入っています。(ヤッター!)

シマアジはシラサでつれました。

個人的にはシマアジは『お刺身の王様』です!!

青物は、ヒラマサ・ワラサ・カンパチなどたくさん入っています。

途中からは10匹以上群れになって浅いタナでグルグル回って泳いでいるのが見えていました。見えていたけれど、なかなか釣れずにいました。悔しい〜!

最近ではきびなごでよく釣れていると聞いたので、きびなごでも試してみましたが釣れず。活けあじでも釣れず。

午前の終了時間の5分前に青物がかかり、どうにか釣れました!シラサ3匹掛けで釣れました。

青物は自力で最後まで上げると、大きさなどにもよりますが、次の日腕にみがはるのは私だけ?でしょうか・・女性の方はみんな私と同じなのか知りたいところです。

終わってからは

終わってから持って帰る魚のウロコ取りや3枚おろしも有料ですがしてもらえます。

特に鯛のウロコは硬くて、家のキッチンでウロコ取りをすると思わぬ所までウロコが飛んで行ってしまっていたりします。

こちらのウロコ取りの機械は一瞬でウロコ取りが終わる優れものです。3枚おろしにしてもらっておくと、帰ってからが楽ですね。

釣った魚は全て持ち帰れます。

最後に

今回初めて行った『はさま浦釣り堀センター』さんでしたが、楽しく釣りを楽しむことができました。設備も整っていて綺麗で陸続きですので、女性の方にもおすすめの釣り堀です。釣る楽しみも元気な歌を聞く楽しみも後で自分の釣った魚を味わう楽しみもあります。是非行って釣りを楽しんできて下さいね。